ほどほど

掃除と家事、趣味を楽しむずぼら主婦のブログ

もしもの備え

[防災] 夜間・停電時も安心。手回し充電もできるソニーのポータブルラジオ(ICF-B09)はラジオ+ライト+充電の1台3役

防災用品を見直している時に「あれ?私、ラジオを持っていないぞ!」と今さら気づき、ソニーのポータブルラジオ(ICF-B09)を購入しました。

このラジオのいいところは、

  • FM/AMラジオ
  • スポットライト・ソフトライト
  • スマホ・携帯などの充電

1台で3つの役目を果たすことと

  • 乾電池
  • 手回し

2種類の電源で使用できること。

懐中電灯として使えるくらいなので、重くなく手で持てるサイズなのもいいです。

ソニーのポータブルラジオ(ICF-B09)

Amazonで7000円ほどで購入しました。

色はオレンジと白があったのですが、白が可愛かったです。

中身は

  • 本体
  • キャリングポーチ
  • ストラップ
  • 充電プラグアダプタ
  • マイクロUSBケーブル
  • 非常用の笛

非常用の笛は登山用に使っています。(登山用バックパックは普段、非常用持ち出し袋と兼用しています)
キャリングポーチが防水のものだったら、もっといいのにとこれだけちょっと不満。

本体のサイズは、約132×77×58mmで重さは約376g。
懐中電灯よりは大きいけれど持ち運びできるサイズです。
置いて使う時は安定しているし、持ち運びする時も持ちやすいです。

完全防水ではないけど、水しぶきや少量の雨から本体を守る防滴仕様。

ラジオ機能

FMとAMが聞けるラジオ。
FMはワイドFMに対応しています。(AMラジオの番組をFM放送の周波数で聴けるので、ビルやマンションなどAM放送が入りづらい場所でもクリアな音質でAMラジオを聴けます)

切り替えスイッチでFM・AMを選び、選局つまみで選局します。

アンテナを伸ばしたらラジオが入りました♪
災害時には情報収集が大事ですものね。
ラジオは必要ですわ。

ライト機能

ライトはスポットライト(懐中電灯)とソフトライト(ランタン)の2種類。
スポットとソフトに切り替えて使い分けます。

スポットに切り替えた時。

ソフトに切り替えた時。

ソフトライトがあるのが何気にいいなーと。
停電して真っ暗闇だと怖いですものね。
キャンプにも使えそうです。

(撮影時は朝だったので、あまり灯りを綺麗に撮ることはできていません)

充電機能

非常用なのでスマホや携帯の充電もできます。
ケーブルが付属していますが、対応していない機種もあります。

でも、USB接続で充電できるので、iPhoneならiPhone付属のケーブルで充電できました。
とても便利!

電源

電源は

  • 単3形アルカリ乾電池 2本
  • 内蔵充電池(手回し充電)

の2種類の方式があります。
基本的には乾電池を使おうと思っています。

内蔵充電池に切り替えて、ハンドルを回せば内蔵充電池に充電できます。

1年に1回手回し充電して内蔵充電池の劣化を防ぐ必要がありますが、1年に1回なら防災用品の見直し時にすればいいので苦ではありません。

1分間手回し充電したときの持続時間(約120回/分)

  • ラジオ 約75分(AM)
  • 携帯電話 通話:約1分/待ち受け:約120分
  • スマホ 通話:約1分/待ち受け:約40分
  • ライト点灯 約15分

1分間の手回し充電で上記時間使えます。
ライトが案外短くてびっくり。ライトって電池食うんですね。


まだ防災用としては使っていません。
ラジオ+ライト+充電ができるので、キャンプや登山のテント泊にも使えますね。
いつかアウトドアで使ってみようと思っています。

-もしもの備え