ほどほど

掃除と家事、趣味を楽しむずぼら主婦のブログ

登山ウェア・装備

登山用レインウェアはモンベルのストームクルーザー。裾の長さがショート丈やロング丈もあるからオススメ!

2017/08/26

登山の必需品のひとつ「レインウェア」。
たくさんの登山用品メーカーがレインウェアを出していますが、今回選んだのは「モンベル」の「ストームクルーザー」

「marmot」のレインウェアが可愛かったので欲しかったんですけど、足のスソがどうも長すぎて…(Sサイズでも足の長さが合わず断念)

「モンベル」は日本のアウトドア総合メーカーなので、日本人の体にあったサイズのものも多いです。

それどころか、レインウェアは同じMサイズでも、

  • ショート丈
  • 通常丈
  • ロング丈

とサイズ展開されているんです。

本当に助かります!

スポンサーリンク

モンベルのレインウェア「ストームクルーザー」

ジャケットもパンツも「ストームクルーザー」で揃えました。

  • ジャケット:19,500円(税別)
  • パンツ:13,500円(税別)

上下合わせて33,000円(税別)と結構な値段がします。

袋にしまうとこんな感じ。
ウェアの色によって、袋の底の色が違うので、ジャケットかパンツか迷いませんね。

ストームクルーザーの紹介動画

素材はゴアテックス

ゴアテックスは防水透湿性素材としてとても有名なもの。
モンベルのレインウェア「ストームクルーザー」はとても軽量で薄く作られているので、生地の表面が黒ずむこともあるそうです。(品質には問題なし)

ジッパーも撥水加工されています。

ジャケット

ストームクルーザーのマスタード色です。
とても可愛いからし色!

ファスナーが見えていますが、アクアテクト®ジッパーという浸水を防止するジッパーを使っています。
フラップ(ジッパーを覆う布)がないので軽量化できるんですって。

サイズはM。

冬の低山時にフリースも着用することも考え、フリースを着た上でLとMを試着しました。
Lの方が良いかなー。でも今、L着るとぶかぶかすぎて逆に動きづらいんだよなー。と迷った末、Mに。
冬にMでは小さいと思ったら、marmotのジャケット買おうと思います。(上下別ブランドでも全然OK!)

ジャケットのすそはしぼれます。しかもポケットの中から!
すごいですね!

裏面の縫い目には、浸水を防ぐため全部テープが貼ってあります。

袖口はゴムが入っていて、

テープで絞れます。

モンベルのストームクルーザーのフードはひさしが固く、立体を保ってくれます。

3方向からフードのフィット感を調節できるので、フードがはだけることもありませんね。

レインウェアのジャケットは、ウィンドブレーカーとしても使えるので、重宝しそうです。

パンツ

ストームクルーザーのシャドウ色です。

Mサイズにしました。
M・M(ショート丈)・M(ロング丈)を試着してみて、ちょうど良かったのがMでした。

ウエストのゴムはとてもよく伸縮するので、パンツ・トレッキングシューズを履いたままの着脱が簡単。

足元も膝まで開くのでトレッキングシューズを履いたまま着脱できます。

すそのゴム紐は「サムエシステム」というもの。
靴にかけてすそのバタつきを抑えたり長さ調整に使えます。

使ったらお手入れ!

使ったら洗濯が必要です。
洗濯はちょっと面倒だけど、高い買い物だったので。

お手入れ方法参考URL

保管は、たたむよりもハンガーに吊るす方が良いそうですよ。

登山用のレインウェアが必要な理由

山は天気が変わりやすく突然雨が降ったりします。
雨で体が濡れてしまうと、体温が奪われて命の危険があることも。

地上では晴れの予報でも雨具は持っていかなくてはなりません。

しかし、

傘では全身を覆えないし、片手がふさがります。
ポンチョも全身を覆えないし、風にあおられます。
普通のレインコート(上下セパレート)という手もありますが、とても蒸れます。

だから、登山には

  • 上下セパレート
  • 防水・防風・透湿性(ゴアテックスや各メーカー独自開発素材)
  • 丈夫である

登山用に作られたレインウェアが必要です。

防災グッズとしてもレインウェアは使えるので、高い買い物でしたが損はありません。
ウィンドブレーカーとしても使えますしね!

購入したレインウェアはこちら

登山用品は好日山荘で!

様々なアウトドアブランドの登山用品がそろっている「好日山荘」。よくここで登山用品を購入しています。

たまにセールをやっていたりしてお得に購入できるので、時々のぞきに行ってみてくださいね。

登山用品・アウトドア用品の通販サイト 好日通販

山に登ってみたい。でも買うのはためらう。そんな時はレンタルを!

トレッキングシューズやウェア、ザック...
登山用品は価格も高く種類も豊富。

「登山をしてみたい。
けれど、今後、登山を続けられるか不安...」

そんな時は「やまどうぐレンタル屋」でレンタルするのもオススメです。

  1. ネットや電話、店舗で申し込み
  2. 登山予定日3日前に配達
  3. 登山で利用
  4. 使い終わったらそのまま返却

と、とっても簡単にレンタルできます。

初心者向けに「初心者まるごとセット」もあるし、個別に足りないものだけ借りることもできますので、「道具がないから登山ができない」とあきらめずにレンタルすることも検討してみてくださいね。

やまどうぐレンタル屋

-登山ウェア・装備