ほどほど

掃除と家事、趣味を楽しむずぼら主婦のブログ

掃除や片付けに思うこと

[エッセー] トイレ掃除、素手ではできません><

2016/04/28

掃除を楽にしようと、トイレからサニタリーボックスを撤去しました。
ちょっとだけ、掃除の手間が減り、トイレ掃除を頻繁にできるようになってきています。
ただ、私、やっぱり、トイレの水の中までは素手で手を入れられません。
念入り掃除の時は使い捨て手袋を使っています。

私が素手で洗えるところ

トイレで素手で掃除できるところは

  • 便座
  • 便器の縁

まで。

  • 温水便座のシャワーが出るところ
  • 便器の水の中

までは素手で掃除することができません。
普段、便器の中はトイレブラシで洗っています。

念入り掃除の時は使い捨て手袋をはめて

使い捨て手袋をはめている時は、除菌シートで便器の水の中まで手を突っ込める上、縁ウラもあんなところもこんなところも念入りに掃除ができます!

もったいないから愛用のゴム手袋で掃除してみたことも

「使い捨て手袋、もったいないなー」

と思って、愛用のゴム手袋をはめて掃除したことがあります。
掃除が終わった後のゴム手袋の処理に本当、困りました。

掃除している間はノリノリで洗っていましたが、掃除が終わると、

「このゴム手袋、どうしよう」

とあたふた。

除菌はキッチンでしてるんです

掃除道具自体の除菌・漂白は、普段、キッチンでやっているんです。
トイレで使った掃除道具をキッチンで除菌することに抵抗を覚えます。

「大腸菌が〜!!」
「ノロウィルスが〜!!」

って、ノロウィルスにかかったことないし、大腸菌がいそうなお風呂掃除は平気なのに、「どうしようどうしよう」とゴム手袋はめたまま、トイレとキッチンをオロオロと往復してました。

捨てました。ゴム手袋

軽くパニックになっちゃったんで、トイレ掃除に使ったゴム手袋は捨てちゃいました。

「もう、トイレ掃除に洗えるゴム手袋は使わない。」
「使い捨ての手袋でいい。」

と。

素手でトイレを洗うのに、憧れる

素手でトイレを洗うのに憧れています。
でも、抵抗がなくなるのには修行が必要そうです。

なんで、素手でトイレを洗うのに憧れているのか、自問自答してみました。

素手でトイレ掃除するメリット

  • 手袋を用意する手間が省けて手軽
  • 使い捨て手袋というゴミを減らせる

「楽したい」
「買う・捨てるという苦行を遠ざけたい」

っていうのが、私が素手でトイレ掃除したい理由です。

まだまだ、素手でトイレ掃除する境地までには至っていません。
もしかすると、いつか、素手でやる日が来るかも...


ま、そんなわけで、念入り掃除の時は、使い捨ての手袋をはめて掃除しています。
毎日の掃除は、トイレシートとブラシでササっと終わらせているんですけどね。

どこまで素手でできるか、とか、トイレ掃除のものをキッチンで除菌できるか、とか、こういうのは、個人差だろうなーって思います。
もしかしたら今後、私の感覚も変わっていくかもしれないですしね。

以上で、トイレ掃除を素手でできないっていう話を終わります。
お読みいただきありがとうございました。

-掃除や片付けに思うこと