ほどほど

掃除と家事、趣味を楽しむずぼら主婦のブログ

雑記

Amazonの荷物の箱に穴が開いていた時の話(しょうもない話)

Amazonで物を購入すると段ボールで荷物が届きます。
本日、Amazonさんから届いた段ボールに穴が開いていました。

amazon-ana

宅配便のヤマト運輸さんが謝りながら「荷物が無事か確認してほしい」と言ってきました。

さすがですね。
荷物に責任を持っていて、素晴らしいですね。

「今ここで」

え?!今ここで開けるの?!
え?!え?!

いや、中身は恥ずかしいものではないんですけどね。

何が恥ずかしいって...

私、段ボールを開けるのが超下手くそなんです。
自分では開けられないから、夫に開けてもらうこともしばしば。

不器用ですから...

でも、今は私が開けるしかないのです。
しかも人前で!!!!

はい。
開封した状態はこちら↓

amazon-aketa

もう、焦る焦る。

一度で開けられなかったから、反対側から開けてみたり、ビリビリ!ビリビリって手間取ってしまって、本当に恥ずかしかった!!!
(ちなみに中身は問題ありませんでした)

変な汗をかいてしまった午前のひとときの話でした。

ネコ漫画日記「ウッドブック」の鴻池剛さんも不器用さん!

Amazonの開封ができなかったってそんなしょうもない日記で終わるのもなんなので、私の大好きなネコ漫画日記を書いている「ウッドブック」さんの漫画をオススメしておきます。
彼の方が私より一枚上手の不器用さん。

面白いですよ〜!
午後のくつろぎの時間に笑いをどうぞ。

開封 | ウッドブック

-雑記