ほどほど

掃除と家事、趣味を楽しむずぼら主婦のブログ

東山動植物園

[東山動植物園] 入園料の割引や裏ワザ・穴場スポットなど、東山動植物園をお得に楽しむ方法

2017/05/31

東山動植物園が大好きです。
大好きな東山動植物園をお得に楽しむため、ついに年間パスポートを購入してしまいました。

年間パスポート以外にも、東山動物園と植物園を割安で楽しめる方法効率的に楽しむ方法がありますので、いくつかピックアップして紹介します。

  • 東山動植物園の基本情報
  • 入場料・交通費を安くする得ワザ
  • 活発に動いている動物を見る方法
  • 植物園は四季で楽しめる穴場スポット
  • 大人向けの情報

の章で紹介しますので、参考にしていってくださいね。

お知らせ

東山動植物園の公式サイトが一部メンテナンス中のため、リンク切れが起こっています。
あしからずご了承ください。

スポンサーリンク

東山動植物園の基本情報

higashiyamamon

東山動植物園の入園料は動物園と植物園を楽しめて大人500円。

  • 入園料:大人500円(中学生以下無料、名古屋市在住の65歳以上100円)
  • 開園時間:午前9時~午後4時50分
  • 休園日:毎週月曜日、年末年始(12月29日~1月1日)

※ 月曜日が国民の祝日または振替休日の場合はその直後の休日でない日が休園日。また、イベント開催中は月曜日も開園している場合があります
※ スカイタワーの入場券とセットのものもあります

交通アクセス

  • 名古屋駅から地下鉄東山線東山公園駅下車すぐ
  • 地下鉄東山線星ヶ丘駅下車徒歩約10分で植物園星ヶ丘門

東山動植物園公式サイト

Wi-Fiあります

東山動植物園には無料で使えるWi-Fiスポット「NAGOYA Free Wi-Fi」が使えます。
Facebookアカウントなどでログインしたら簡単につながるので使ってみてくださいね。
ただ、電波の良いところ・悪いところがあります。
ボート池前の「メゾン・ド・ヴェール(カフェドクリエ)」では快適に使用できました。

NAGOYA Free Wi-Fi

入場料・交通費を安くする得ワザ

基本的に大人500円の東山動植物園ですが、ちょっとお安くする方法があります。

ドニチエコきっぷで入園料が割引

地下鉄や市バスが1日乗り放題になる名古屋市交通局の「ドニチエコきっぷ」や「一日乗車券」。
これらをチケット売り場で提示すると、通常500円の入園料が400円になります。

年間5回以上なら「年間パスポート」がお得

nenkanpass

もし、一年の間に何回も東山動物園や植物園に行くのであれば、年間パスポートがお得です。
有効期間は1年間で2000円なので、年に4回行けば元が取れます。
写真を貼ってフィルムでカバーするので、誰かに盗まれて使われるという心配もありませんね。

年間パスポートのいいところは、一度に全エリアを回らなくても良いと思えるところ。
今日は植物園だけ、今日は北園だけ、など、好きな時に好きなだけ好きな場所を見ることができます。

年間パスポート:大人2,000円(名古屋市在住の65歳以上の方は600円)

駐輪場あり!自転車で交通費を浮かす

churinjo

東山公園近隣の方であれば、自転車で行けば交通費がかかりません。
正門や星ヶ丘門の横に駐輪場があります。

東山公園付近の大通り「東山通」は、歩道が歩行者用と自転車用に分かれているので、車道を自転車で走らなくていいので安全です。
坂道もあるので大変ですけどね。

宿泊とセットでお得

遠方から名古屋の東山動植物園に遊びに来るのであれば、入園券付きの宿泊プランがあるホテルもあります。
ぜひ、調べてみてくださいね。

活発に動いている動物を見る方法

africazou-sha

せっかく動物に会い行ったのに、運動場にいなかったり、寝ていたり...
動いているところを見たことがない!

なんてこと、よくありますよね。
動物のスケジュールに合わせて、動物園を見て回ることをオススメします!

食事の時間に合わせる

america-main

動物の食事の時間なら、活発に動いている姿を見ることができます。
公式サイトでも主な食事の時間の情報が案内されていますが、当日、東山動植物園で案内板や職員の方に確認する方が確実です。

動物におやつをあげる

東山動植物園では、動物におやつをあげることもできます。
一番、動物に近づくことができる方法です。

参加費は無料で、毎月第1~第4日曜日の午後2時から開催されるのですが、定員があります。
午前10時から各獣舎前で配布される「整理券」をもらいましょう。

こども動物園「ふれあい広場」

yagi

本園から植物園の間にあるこども動物園「ふれあい広場」では、ヤギや馬、うさぎやアヒルなどを見たり触れたりできます。
実は、アルパカもいます。
水道とハンドソープが完備されているので、動物に触れた後は手を洗ってくださいね。

ヤギのえさやり

  • エサの販売時間:午前10時、午前11時、午後1時、午後2時(各回50皿)
  • エサの値段:100円

私がえさやり体験をした時は50円だったのですが、今は100円なんですね。
ヤギは餌の時間でなくても、広場を歩いていたりするので、ぜひ撫でてあげてくださいね。

モルモットのタッチング

  • 時間:午前10時~午前11時30分、午後1時30分~午後3時

お子さんがいっぱいでいつも私はスルーしちゃっています。

ナイトズー

zouandzoobo

毎年8月に開催されるナイトズーは、閉園時間が夜8時半まで延長されます。
昼間は暑くしんどそうな動物達も、夕方から夜にかけては元気に動いていることも。
そして、飼育員さんによるアニマルトークショーでは、飼育員さんが餌をあげますので、動物達はそれはもう、活発に動きます。

イベント開催時

ナイトズー以外にも、春や秋にイベントが開催されます。
その時期には、キリンの展望デッキ(キリンを間近に見られる)やアニマルトーク、スタンプラリーなど、たくさんの催し物が開催されます。
今年は80周年の春まつり開催中ですので、訪問時には公式サイトやTwitterをチェックしてくださいね。

植物園は四季で楽しめる穴場スポット

musukari

東山動植物園は広いです。
1日ですべてを回ることは難しいので、植物園まで回る余裕はあまりないかもしれません。
しかし、植物園には植物園の魅力があるのです!
動物園だけでなく、植物園も寄っていってくださいね。

春はお花見。桜は100種類以上で期間が長い

名古屋のお花見スポットといえば、鶴舞公園が有名でしょうか。
実は東山植物園でもお花見できるんですよ。

100種類以上の桜があるので、一般的な花見時期を逃しても、八重桜・里桜が見頃を迎え、楽しめます。

桜の名所で見られるソメイヨシノと比べるとスケールは劣るかもしれません。
しかし、たくさんの種類の桜、そして春の花々が咲いているし、混んでいないので、私はとっても好きです。

夏は青葉と水のせせらぎ

hoshigaokamon-07

紫陽花の季節には紫陽花も楽しめますし、夏になると青葉がとても気持ち良いです。
日本庭園や合掌造りの家がある「薬草の道」には、湿地園があり小川も流れているため、水のせせらぎと鳥の声、蝉の声に包まれて、木陰もできて涼しいです。

秋はライトアップされた紅葉狩りを楽しんで

秋になれば、「薬草の道」では紅葉狩りを楽しめます。
また、「紅葉のライトアップ」イベントが開催される期間は、植物園エリアの閉園時間が午後8時半まで延長されます。

合掌造りの家と紅葉、奥池と紅葉、どれも素晴らしいので、散歩に行ってみてくださいね。

散歩やウォーキングに

植物園は広く、坂や階段もあるので、ちょっとした運動になります。
ぜひ、散歩やウォーキングに足を運んでみてください。
また、人が少ないので、のんびりするのにもぴったりですよ。

大人向けの情報

beer

動物園は子どものためだけのものでしょうか?
いいえ。大人も楽しむべきです!
大人のデートスポットとしても利用されていいと思うのです!

というわけで、大人のための情報を紹介します。

喫煙場所

動物園・植物園ともに喫煙場所が設けられています。

  • 正門を入ってすぐの池
  • アシカ舎と北園エリアの間
  • 上池門を入ってすぐのボートの池そば

など、園内にはタバコを吸えるエリアがありますので、喫煙する方は所定の場所で喫煙してくださいね。

アルコール

ビール、ノンアルコールビールなどの提供があります。
お花見やナイトズーなどのイベント時期には、植物園のレストラン「ガーデンテラス東山」前や、動物園のフードコート「ゾアシス」前、正門近くに屋台やビアガーデンが出ていたりもします。

ちょっとリッチに「ガーデンテラス東山」

植物園にウェディングもできるレストラン「ガーデンテラス東山」が併設されています。
11:30~22:00までの営業で、ランチ・カフェ・ディナーが楽しめます。
(ディナータイムは動植物園へ入園できません)

動物園デートの締めくくりに、ガーデンテラス東山でティータイムを楽しむのも素敵ですよ。


いよいよ春のお花見シーズン到来!
今年は開園80周年ということもあって、イベントもたくさん用意されています。
この機会に東山動植物園を遊びつくしちゃいましょう♪

公式サイト 体験!仰天!東山!Higashiyama80th | 東山動植物園

東山動物園

東山動物園・植物園の記事はこちら

知って得する東山動植物園の基本情報やお得情報

入園料の割引や裏ワザ・穴場スポットなど、東山動植物園をお得に楽しむ方法

全記事一覧

東山動植物園記事一覧

-東山動植物園
-