ほどほど

掃除と家事、趣味を楽しむずぼら主婦のブログ

ゲーム

[断捨離] スマホゲームの断捨離に成功したと思う

2016/07/15

photo credit: goodbye via photopin (license)

photo credit: goodbye via photopin (license)

昔はスマホゲームの、セクシャルアピールの強いイラストやゲーム名も書かず煽るだけの広告にイライラしていました。
最近、それらの広告を見てもイライラしなくなりました。

今、無料のスマホゲームは全くしていません。
スマホゲームに関しては「離」まで行けた気がします。

スポンサーリンク

やましたひでこさんの言う断捨離とは

モノを「断」ち、ガラクタを「捨」てれば、執着も「離」れていく。
「断」と「捨」を繰り返し行うことで「離」の境地へ自然とシフト。

見てわかる、「断捨離」 (マガジンハウスムック) より

です。

捨てるだけでなく、入ってくることを断つ、その繰り返しで執着から離れる。
それが「断捨離」。

うーん。モノごと(スマホゲームだけとか)に断捨離ていっていいのかしら。よくわかりません。

元々、スマホアプリは「断」と「捨」を繰り返していました

無料で遊べるスマホゲームアプリ。
面白くなければ、すぐアンインストールしていました。
面白くても飽きたらすぐアンインストール。
インストールも、評価を読んでから吟味していました。

なぜなら、私のスマホは16GBだから。
昔からスマホゲームは容量のために厳選していました。

最後まで残っていた無料のスマホゲームは、
アナと雪の女王の「FROZEN」と「ぷよクエ」でした。

FF9のための大規模な「捨」と必然的な「断」

ファイナルファンタジー9(以下FF9)が大好きなので、何としてでも、スマホで遊びたかったのです。
そのため、ゲームも必須のアプリも写真も音楽も、全部、スマホから退避させました。

FF9をインストールするために大規模な「捨」

FF9はインストールに8GBの空き容量を用意する必要があります。
16GBのスマホで8GB開けようと思うと、ほぼ初期状態と同じ状態にしなくてはなりません。
全部、整理しました。

FF9をプレイするために必然的な「断」

FF9を遊ぶためには2GBから4GB必要。
時には外で写真を撮ったりもするでしょう。
そうすると、余計なアプリは入れられません。
もう、「ゲーム」をインストールすることはできません。

空き容量があったので、戻したアプリもあったけど

「FROZEN」や「ぷよクエ」、これくらいなら入れられると思い、スマホに入れ直しました。
でも遊びません。
だって、FF9を遊ばなくてはいけませんもの。

関連記事:[スマホアプリ] FF9を16GBのiPhoneに入れるためにデータ整理しました

すきま時間にしていた無料のスマホゲーム。掃除の方が楽しくなってきた

ちょっとした休憩にぴったりと思っていたスマホゲーム。
手軽に遊べますものね。

でも、休憩だけではすみません。

無料のスマホゲーム。毎日ログインを強いられる

基本使用料無料のスマホゲームは、ログインボーナスがもらえるものが多くあります。
あれのために毎日毎日ログインしなきゃ!って気にさせられます。
毎日ログインする必要はないのに。
暇なときに、遊びたいときに、遊べばいいのに。

仲間と一緒に---30分は拘束される

「ぷよクエ」は仲間と一緒にプレイできるモードがあります。
楽しいしやってしまいます。

一緒に遊ぶと、30分、1時間、とどんどん時間が経っていきます。
一回だけやるつもりが、抜け際を見極められず、ずるずるとってことも。

楽しい間はいいんですが、義務になってしまうこともあります。

やってもやっても、終わりがない

スマホゲームの一番、嫌いなところは「やってもやっても終わりがない」こと。
シナリオのあるものもありますが、台詞だけで進み、RPGとして感情移入することもありません。
その上、シナリオが終わると、また新たなシナリオが追加されたり…

正月のイベント、バレンタインのイベント、1週年のイベント…
今だけのイベント…

同じことの繰り返し。

この終わりないスマホゲームからいつか離れたいと思っていました。

この15分で掃除ができる!

スマホでパズルゲームしている間にどこか一ヶ所でも掃除ができてしまいます。
掃除をした方が楽しかったり。

夜寝る前にゲームするならお掃除ブログ徘徊

夜寝る前にゲームをしたりもしていましたが、今はお掃除ブログを徘徊しています。
もう、趣味=掃除と言ってもいいのかもしれません。

FF9をインストールしたことと、掃除欲がスマホゲームから離れられた理由。

そして、スマホゲームの広告にイラつかなくなりました

  • セクシャルアピールの強いイラスト
  • ゲーム名も書かず煽るだけの広告
  • コラボや絶対もらえる系広告

昔から、スマホゲームの広告が不愉快でした。
今もたまに不愉快だと感じることもあります。
でも、その頻度も減りました。

なぜなら、広告が表示されても、「私には不要なもの」と無意識に視界から消しているからです。

昔は、「何か面白いものがあるかも」という視点だったので、スマホゲームの広告を「見て」「面白そうか判断する」という行動をしていました
そのため、不愉快な広告も目についてイライラしていました。

今は、不要だから、そして、視界から消せているから、不愉快な広告にイライラすることは減りました。

FF9も実はあまりしなくなりました

実は…
FF9も今あまりしていません。
最終ボス手前まで進んでいるんですけどね。

FF9のために容量を空けたのに

FF9のために容量を空けたのに、もったいなくはないのか?
という気持ちもあります。
2000円払って買ったのに、もったいなくはないのか?
という気持ちもあります。

でも、また、やりたくなった時にやろうと思っています。

据え置きゲーム機も捨てることができるかもしれない

PS2ももうほとんどやりません。
やりきった感があります。
私にとって、ゲームはもう、旬が過ぎたのかもしれません。


昔はアバターゲームや部屋を作るゲームなど、仮想空間でおしゃれやインテリアを楽しめるなら、実生活は質素でもいいや、って思っていた時もありました。
ドラクエの街を作るゲームとか面白そうでちょっと気になります。
でも今は、実生活を美しく保てる方が楽しいと感じています。

また、無料のスマホゲームをすることもあるかもしれませんが、もう、スマホゲームの広告に心を乱されることはないだろう、と感じています。

もしかすると、iPhoneも不要かもしれないですね。
iPadあるし。

-ゲーム