ほどほど

掃除と家事、趣味を楽しむずぼら主婦のブログ

キッチンの掃除

[掃除] ガスコンロとガスコンロ下の掃除方法(普段の掃除と頑固な汚れ落とし)

ガステーブルの周りは油汚れと焦げ付き汚れがメイン。
酸性の汚れなのでアルカリ性の重曹が活躍します。
しかし、ガステーブルの素材的にNGの場合も…

ガステーブルを掃除した後は、下に汚れや水分が落ちることがあるので、ステンレス台も一緒に掃除してくださいね。
ステンレス台の汚れをほっておいたら、サビちゃいますよ!

スポンサーリンク

普段の掃除

普段は水拭きです。汚れがこびりつく前に取り除いています。
汚れが気になる時は五徳などは重曹水につけ置き。
分解できない部分は中性洗剤か重曹水を湿らせた布などで拭き掃除します。

頑固な汚れ

こびりついてしまった頑固な汚れは重曹水パックして、重曹ペーストで掃除しました。
材質によっては重曹がNGの場合もあるので、なるべくしたくない掃除方法です。

詳しくはこちら

コンロ周りを綺麗に保つコツ

コンロ周りの汚れは、油汚れ、焦げ付き、水分や塩分によるステンレスのサビ。

  • 油はねや食材はねはその日のうちに掃除して取り除く
  • ガステーブルを掃除した時はガスコンロ下のステンレスにも汚れが落ちているのでそこも掃除

ことが大事です。

油汚れの特徴

  • 酸性
  • 1ヶ月放置したあたりから固まり始まる
  • お湯で溶ける

焦げ付き汚れの特徴

  • 酸性

コンロ台

  • ステンレスは酸性が苦手(錆びます)

ステンレスは腐食しづらい金属ですが、腐食しづらいというだけで、腐食しないわけではありません。

油汚れや焦げ付きなど酸性の汚れにはアルカリ性の重曹が有効ですが、使用している素材によってはNGなことも。
製品の取り扱い説明書を読んで掃除することをお勧めします。

私がガスコンロの掃除に使っている洗剤

  • 食器用中性洗剤(大抵これ)
  • 重曹(時々これ)

私が汚台所を卒業するためにしてきたこと

キッチン掃除のオススメ記事

汚台所を卒業するためにしてきた、キッチン掃除の全容

私が汚台所を卒業するためにしてきたこと・していること

-キッチンの掃除
-