ほどほど

掃除と家事、趣味を楽しむずぼら主婦のブログ

和風の結婚式を挙げた話

和装のヘアメイク。綿帽子のためにかつらをかぶり、お色直しは洋髪に

2016/07/27

白無垢を着るときに、綿帽子をかぶりたかったんです。
洋髪でも綿帽子をかぶることはできるんですが、「形があまりきれいに出ない」とヘアメイクさんと衣装屋さん双方から助言をいただきました。

ヘアメイクさん、衣装屋さん、両方から言われちゃったらかぶるしかないですよね。一生に一度のことですし、後悔は残したくないですもの。

かつらをかぶった感想とその他ヘアメイクを紹介します。

スポンサーリンク

かつら

かつら

かつらのかぶり心地は頭を振ると持って行かれる感じですが、それほど痛くもなく重くもなく、2、3時間なら余裕でした。
かんざしはべっ甲です。

今のかつらは自然な髪色(少し茶色っぽい)ので作ってあるので、とてもなじみが良いです。

綿帽子

式の時はかつらに綿帽子かぶりました。
と言いますか、綿帽子をかぶりたかったので、かつらをかぶったんですが。

綿帽子とか角隠しってパリパリとした感触だと思っていたんですが、あんなに柔らかいものだったんですね。初めて触った時は驚きました。

角隠しもしようか迷いましたが、「同棲時代から怒りっぽいし、今さら角を隠しても手遅れだし」とやめました。

そうそう、かつらと角隠し・かんざしは美容院でレンタル、綿帽子は衣装屋さんでレンタルしました。
※ 綿帽子は美容院でもレンタルできるみたいです

洋髪

会場装花のページでも載せた写真ですが、生花を使っての洋髪ヘアメイクです。

髪の毛にボリュームを持たせるために、ボリュームアップ用の髪の毛をたくさんつめています。
最初の打ち合わせ時にヘアメイクさんからヘアカット禁止令が出ていましたが、それでもギリギリの長さでした。
洋髪にされる方はあらかじめ髪の毛を伸ばしておくことをお勧めします。

お色直しは、白無垢から引き振袖、ヘアはかつらから洋髪にチェンジ。
色打掛なら羽織り直すだけで済むのですが、白無垢から引き振り袖はイチから着付け直しが必要です。その上、ヘアチェンジ。
ヘアメイクさん、本当にありがとうございました。

ネイル

付け爪です。
5,000円か7,000円くらいだったかしら。

今後も使えるみたいだけど、使う機会あるかしら・・・
慣れていないから、ビールのグラスも持てないのよね。

ビールで思い出しましたが、白無垢でグラスを持ち上げるのって大変です。
グラスを傾けることができなくて、なみなみ注がれたビールの半分くらいまでしか飲めませんでした。(新婦なのに飲む気満々でした)

まとめ

かつらをかぶって本当に良かったと思います。
綿帽子をお考えの方はぜひ、かつらの試着だけでもしてみてくださいね。
引き振袖に生花を使った洋髪もとても好きです。

ヘアメイクさんの情報

式場の「よし川」さんと提携している「マリエ」さんです。
初回打ち合わせ・リハーサル・当日、と本当にお世話になりました。

マリエ

式場の情報

式場は名古屋の「よし川」さん。決め手はブラダルフェアでのおもてなしでした。

名古屋のよし川で式を挙げることに決めました。式場選びの決め手はブライダルフェアの「おもてなし」に感動したから

-和風の結婚式を挙げた話